職場には義理のお土産よりもお土産話 | 小さな会社で活躍する社長をサポート|ネクストステージラボ

女性リーダー育成と業務プロセス改善のパートナー

サクサク仕事術

2015.11.03
サクサク仕事術

職場には義理のお土産よりもお土産話

こんにちは、成果につながるビジネスメール専門家 熊谷です。

今日は祝日でした。今月は後半に連休もありますね。

お休み明けには、お土産のお菓子を職場でもらったりします。

sky-960090_640

 

このお土産のお菓子、「とにかく、配っている」という風景、

見たことないですか?

自分が休んでいることすら知らない人にまで

ただ、ただ、とにかく席の上に置きまくっていく。

置かれたほうも、「これ、誰からだろう?」ってわからずじまい。

 

気を使いすぎるよりも


本来、自分の休暇ですから、

そんなに周りに気を使うことないかなと思います。

(まして、祝日のように、皆も休みなら、なおさら)

大切なのは、自分が休んだとき、

仕事を負担してくれた人に、きちんとお礼を言うことですよね。

そういった人に、お土産とともに、お礼を言う。

まず、感謝の気持ちを表す、ということですね。

 

お土産ばなし


特に、お世話になったとか、負担をかけた、という人以外は

お土産に、そんなに神経質にならないでも

いいかなと思いますが

(まあ、その職場の風習があるので、一概に言えないけどね)

せっかく、出かけたのですから、

「楽しかったこと」「そこに行かないとわからないこと」

といったことを、昼休みなどに、お土産話として

話すほうが、周りはとても楽しめると思いますよ。

 

リアルな現地情報がわかったり、

あなたの意外な一面も見えて、魅力的ですし。

 

「お土産ばなし」

ぜひ、やってみてくださいね。
PAGETOP
▲ PAGETOP