モチベーションは成功体験から | 小さな会社で活躍する社長をサポート|ネクストステージラボ

女性リーダー育成と業務プロセス改善のパートナー

モチベーションに頼らない仕組み作り

2017.05.07
モチベーションに頼らない仕組み作り

モチベーションは成功体験から

 

こんにちは、孤軍奮闘で活躍する社長のための社外NO,2 ブレインパートナー 熊谷です。

スタッフの数が増えてくると、個性もいろいろ。

・やりがいのある仕事がしたい

・そこそこ困らない程度に稼げればいい

・できるだけラクしたい

・仕事より趣味が大事

・責任のある仕事がしたい

・責任のある仕事はしたくない

人により仕事への姿勢や価値観も異なるので、

管理しやる気を出してもらうのは大変です。

全員が社長のようにやる気いっぱいではないですし、

それを願うのも現実的にはかなり厳しいもの。

やる気に頼るとガクっとくることもあります。

では、どうするのか?

 

仕組みが作る成功体験

やる気やスキルに頼らずに業務が回る仕組みを作るのです。

まるで機械的に思えるかもしれませんね。

ですが、これが逆なのです。

人はそもそも間違えるもの、どんな人も完璧ではありません。

それにデキる人でも不調なときはあります。

それでも、まず言われたことをやれば結果が出る仕組みがあれば、

「あれ、結構デキる、デキるって気持ちいい」という感覚を体験できるのです。

そして、安心もできます。

個人で抱え込まなくてもいいのだと。

なんだか人間的だと思いませんか?

まずは棚卸し、細分化

そんな仕組み作りの一歩は、まず業務の棚卸しからです。

新人向けにマニュアルを作るようなつもりで

棚卸しをし、時系列で並べてみましょう。

そのあと1つ1つを見直しながら

・曖昧ではないか?

・本当にやらないといけないのか?

・改善できる余地はないか?

と見直していくと思わぬ発見がポロポロあります。

そうして整理をしてから、

順番どおり組み立て直してみる。

特殊な方法を使わなくても、

そんなことから業務はシンプルになり、成果が出やすくなります。

急がば回れです。ぜひ、始めてみてください。

ファーストステップ無料相談実施中・お問い合わせはお気軽に
PAGETOP
▲ PAGETOP