スタッフが思ったとおりに動かないワケ | 小さな会社で活躍する社長をサポート|ネクストステージラボ

女性リーダー育成と業務プロセス改善のパートナー

スモールチームの力

2017.09.29
スモールチームの力

スタッフが思ったとおりに動かないワケ

 

こんにちは、少数精鋭で孤軍奮闘する社長のためのブレインパートナー熊谷です。

必要なこと、目指すところは伝えているはずなのに、なぜ?

そこに向かって動かない?どうしたらやる気になってくれる?

と日々やきもきしている社長やリーダー。

 

一方で、「言われたことはちゃんとやっている。何で文句を言われなきゃいけないんだ」

と思っているのがスタッフです。

 

 

 

思ったとおりは目に見えているか?

社長にとっては「思ったとおりの行動」は、はっきり目に見えていると思いますが、

さて、それはスタッフには見えているでしょうか?

 

「何をすればいいかわからない」から動かない。

 

これは、「動かない」シンプルな理由であることが殆どです。

最低限やることだけではなく、

「やる気があればやってほしいこと」

「言わないでも主体的に動いてほしい」と

思っていることも明確に伝えてみることです。

曖昧ではなく「明確に」。

たとえば、こういう感じのこと、というたとえ話でもいいですね。

 

成長の意味は人により違う

明確に言おうとするとわかるのが

意外と感覚的に思っていることに気づくかもしれません。

それであれば、通じないもの仕方ないかも。

 

たとえば、「成長」という言葉1つとっても、

人により出てくる言葉は様々なんです。

(実際にやってみて、これだけ出ました)

・知らないことを知ること

・仕事ができるようになること

・体が大きくなること(背が伸びる、たくましくなるなど)

・大人になること

・動じなくなること

・甘えなくなること

・可能性が広がること

・人のことが考えられるようになること

普通何気なく使っている言葉の定義が、他の人と変わることもあるのです。

 

こうあってほしいという状態を具体的な言葉にできれば、

具体的にどんな行動をとってほしいか、ということも言えるようになります。

(これは1〜10まで言わないと動かないということとは、ちょっと違いますね)

 

やる気に左右されない

具体的になるとすごくいいことがあります。

それは、「やる気に依存しないで済む」ということ。

なんとかやる気を引き出して、やらせようとするとそれはもう大変です。

やる気は人がなんとか言って出てくるものではなく、

自分が本当にそう思ったときしか出ないから。

 

期待していること、やってほしいことを明確にし、

業務のプロセスに取り込むことができれば、

「言われたことはやります」という人はやります。

 

極端な話かもしれませんが、やる気があろうがなかろうが

回る仕組み(業務のプロセス)になっていれば、

イライラすることもなくなります。

やる気に取り組むのは、そうしたストレスがなくなってからでもいいかもしれません。

 

ファーストステップ無料相談実施中・お問い合わせはお気軽に
PAGETOP
▲ PAGETOP