少ないスタッフで成長を続けたい中小企業の人財問題 | 小さな会社で活躍する社長をサポート|ネクストステージラボ

女性リーダー育成と業務プロセス改善のパートナー

中小企業の働き方改革

2018.01.26
中小企業の働き方改革

少ないスタッフで成長を続けたい中小企業の人財問題

 

こんにちは、仕組み化で働く人を笑顔にする専門家 熊谷です。

さて、少ないスタッフで成長を続けたいベンチャー、中小企業にとって、

人財問題は成長を左右する深刻な問題ですね。

 

せっかく採用してもすぐに辞めてしまう、今いる優秀な社員、キーパーソンが辞めてしまう。

こうしたことを克服してきた会社は何をしているのか?が聞ける勉強会やセミナーに

参加されている経営者の方も多いと思います。

 

ですが、その後、その学んだ内容を自身の会社に落とし込んで実行し、成果を上げられる会社は

どの程度あるのでしょうか? 

きっと大変な思いをされているのだろうなと思います。

なぜ、ノウハウがわかっただけでは、実施が難しいのでしょうか?

 

 

立ちふさがるカベ

実際にやろうとすると、こんなカベが立ちふさがっていませんか?

 

・自分はそんな時間は取れない

・何から手をつけていいかわからない

・社員がついてこない

・右腕になってくれる社員がいない

・そもそもうまくいっている会社とうちとは業種も環境も違う

 

パーソナライズされた実行性の高い施策

 

ダイエットに例えてみます。

 

1)情報収集段階

痩せようとして、「本を読む、ネットで方法を調べる」この段階は、知識を取り入れたにすぎません。

自分にあった方法を選び実行するかどうかは自分次第ですし、

それが本当にその人にあっているのは、その人にとって本当に効果が高い方法なのかは、わかりません。

 

2)自己流での実行段階

 

実行性を上げるために、「ジムに入り」、次の段階に進んだとします。

強制的に運動を行う環境に置くことは、本を読むだけより効果はあります。

 

ですが、やはりそのメニューは自己流となり、自分に最適なのか、

最短で結果を出すのかはわからず、遠回りをしながら結果を出すのかもしれません。

効果をだそうと間違った方向に頑張りすぎて、体を痛めてしまうこともあるかも

しれません。これでは状況的にはマイナスになってしまいます。

 

3)パーソナライズされた施策の導入

そこで、自分にあった最適な方法で遠回りすることなく、

またリスクも負わず安全に結果を出したい人は、「パーソナルトレーナー」をつけるのです。

 

あなたがこれまで、スタッフを成熟させ、成果を出すチームに育てるためにやってきたことは、どれにあたるでしょう?

 

・知識を取り入れたものの、実行できなかった

・実行したがうまくいかず、原因はよくわからない

 

ということなら、あと一歩です。1)2)を繰り返すのでなく、3)の

その職場、会社にあった方法で落とし込むことで、状況は劇的に変わるかもしれません。

 

安心できる職場の成果を上げる仕組みが生むやる気と生産性

 

現実的なこととして、やる気を出させるというのは、難しいことです。

経営者と社員ではそもそも仕事に対する考え方、負っているものが全く違います。

やる気にさせようとするのではなく、

 

まずは

・本人の努力を認めること

・意見を言える安心できる場であること

・成果をあげる仕組み(業務プロセス)を作ること

 

その結果、

・優秀な人に仕事が集中しすぎず、その資質を活かせるようにする

・無駄な業務を手放し、価値ある業務を強化する

・お互いが何をしているのか自然にわかりミスが防げる

・個々の役割を明確にする

・さらに良くするために何ができるかを提案しあえる

 

結果、経営者やリーダーは、本来の役割に集中することができる組織にもなります。

 

・自分はそんな時間は取れない

・何から手をつけていいかわからない

・社員がついてこない

・右腕になってくれる社員がいない

・そもそもうまくいっている会社とうちとは業種も環境も違う

 

と、動けずにいる方、一度お話をお聞かせください。

あなたのビジョンを実現するプロセスを見出しましょう。

 

ファーストステップ無料相談実施中。お問い合わせはお気軽に。
PAGETOP
▲ PAGETOP