肝心なことを報告しない部下にお困りのリーダーへ | 小さな会社で活躍する社長をサポート|ネクストステージラボ

女性リーダー育成と業務プロセス改善のパートナー

モチベーションに頼らない仕組み作り

2018.10.02
モチベーションに頼らない仕組み作り

肝心なことを報告しない部下にお困りのリーダーへ

 

こんにちは、仕組み化で働く人を笑顔にする専門家 熊谷 美雪です。

「それ、早く言ってよー」 CMではないけど、「おいおい、何でそれを言わないのよ」と

ヘナヘナとくることありませんか?

そのせいで、よけいな仕事が増えてこっちは大変なのに、本人はあまり悪気もないような・・・。

そんなとき、あなたはどうしていますか?

肝心なことを引き出すためにポイントは3つ、それをご紹介します。

 

ポイント1 何が大事かわかっていない前提で話を聞く

これはもうそもそもの話になりますが、部下は何が大事なのかわかっていません。

そんなこと、何度も言ってるよ、と思いますよね。

はい、わかります。私も経験者なので、イタイほどわかります。

 

でも、やっぱりわかっていないんです。

なので、部下の報告も聞くときには、一切の先入観を持たずに、話を聞くのがポイント。

そうして、

・話の流れが飛躍していたり、少しでもつじつまが合わないことがあれば、穴を埋めていくように

 丁寧に聞き返しましょう。

・「〜だと思います」という語尾には注意しましょう。事実を確認せずになく、推測や人から聞いた事、
 過去の経験だけで言っている可能性が高いです。

・話が見えづらいときは、何が事実で何が事実でないかを、質問しながら整理しましょう。

これだけで、後からガックリくる事がかなり減らせます。

 

ポイント2 前提として部下は上司とあまり話をしたくないもの

これはいたしかたのないことですが、多くの部下は上司とあまり話したくありません。

(そうではない関係性を築けているところは、素晴らしいです)

報告もできる限り手短に済ませたいと思っている人、多いです。

そんな中で、根掘り葉掘り聞こうとすれば、しつこいと思われたり、

信用していないの?と感じたり、

なんだか責められている気がする、ということになりがち。

 

では、どうするか?

・報告をしてくれたら、「ありがとう」と労いをすること

 (それだけでも、当然という態度で何も言われないことに比べれば、はるかに嬉しいものです)

・日頃から、コミュニケーションをとる。

 特別な時間をもうけなくてOK。必ず、挨拶をする。テキトーでもいいので声をかけるなどして

 あなたと話すことへの特別感をなくすようにしましょう。

 自分が休暇を取った後は、不在の間、ありがとうって言ってみたりね。

 

ポイント3 報告の目的と起きるかもしれない悲劇の内容を知る

肝心のことが抜けるという場合、実は、部下は報告そのものの目的を知らない、

または理解していないことも多いです。

 

たとえば、「ノートPCの機種を調べておいて」と言われたら、

ノートPCの種類を調べて終わり、ですが、

「〇〇のために使うノートPCの機種を調べておいて」と、

目的を知っていれば、その目的ならノートPCだけではなく、

タブレットでもできる、と思えば、タブレットも報告に加えますよね?

後から、「なんだ、タブレットでもよかったんじゃないか!」とは

なりません。

 

また、その報告にモレやミスがあった時、どんな影響があるのかがわかっていれば

そこを意識することもできます。

(みんながみんなはそうではないことは、よーくわかっていますが・・・。

そこで、意識できるかどうかで資質や将来性を見極めることもできますよね)

 

 

3つのポイント振り返り

いかがでしたか?

肝心なことを報告しない部下対策 3つのポイントは以下の3つでした。

1)何が大事かわかっていない前提で話を聞く

2)前提として部下は上司とあまり話をしたくないもの

3)報告の目的と起きるかもしれない悲劇の内容を知る

でした。

活用されてみてください。

ファーストステップ無料相談実施中。お問い合わせはお気軽に。
PAGETOP
▲ PAGETOP