注意するのが怖い新米リーダーへ | 小さな会社で活躍する社長をサポート|ネクストステージラボ

女性リーダー育成と業務プロセス改善のパートナー

リーダーのためのコミュニケーション

2018.10.03
リーダーのためのコミュニケーション

注意するのが怖い新米リーダーへ

 

こんにちは、仕組み化で働く人を笑顔にする専門家 熊谷 美雪です。

 

初めて管理職になったとき、評価された嬉しさはあるものの、戸惑いも多いものですよね。

特に、これまで同僚だった人が部下になったり、自分より年上の部下がいたり、となると、

注意したいことがあっても、どう言っていいかわかりません・・・。

 

(私がそうでしたので。私の場合、外資系だったことや、会社はそこそこ大きく、

女性のリーダーの下に、男性のスタッフがいたり、年齢やキャリアが逆転することは、

当たり前と思われている環境でしたが、それでも、本当にキツかったです)

 

特に、少数精鋭の小さな会社でリーダーに抜擢されたりすると、

よりやりづらさを感じるかもしれませんよね。

 

人を注意しない

注意されるとイヤなのは、自分を否定された気がするからですよね。

なので、指摘するときは、「事柄」にフォーカスしましょう。

もし、入力ミスがあったなら、

「入力が間違っています」ではなく、

「この書類のXXXが一致しないのですが、確認してもらえますか?」と。

あなたのことを言っているのではなく、今、起きている不都合な事柄を

まず本人と共有すると、という感覚です。

ねぎらいの言葉を添える

たとえ、事柄にフォーカスしても、本人にとっては気持ちのいいことではないですよね。

なので、まずは労いの言葉を添えてみましょう。

「この書類、時間かかりましたよね。どうもありがとう。

 でね、ここなんだけど・・・」という具合。

まずは、努力は認めた上で話すということです。

「昨日、遅かったんですよね」とか

「XXにを手を焼いたそうで」とか。

きっと労いポイントはありますよね。

 

ダメ出しではなく、これがあったらとプラスの表現で

 

同じことを言うのであっても、否定形でいうより、肯定形でいうと、

印象がだいぶ変わります。

 

たとえば

「XXXが足りないから、〇〇できませんでした」というより、

「XXXがあると、〇〇もカバーできて、完璧でした」

という方が、聞く方も気持ちよくないですか?

 

これ、仕事以外も同じ考えが使えます。

「声が小さから聞こえないです」というより、

「もっと大きな声で言ってくれたら、よく聞こえます」というほうが

大きい声を出そうと思えますよね?

 

毅然としよう!あなたは大丈夫。イケてます。

 

あれこれ書きましたが、これらのことが通用しないときもあると思います。

そうしたときは、堂々といきましょう。

大丈夫です。あなたにはその価値があって、今のポジションにいるのですから。

そうしたポジションについたということは

それなりの責任を負っているのですから。自信を持っていいのです。

 

上司らしく、とか上下関係を意識して言う必要はなく、

たまたまその役割を担っている人として、言えばいいのです。

 

最初は、どうしても難しかったら、俳優になったつもりで

その役を演じてみてくださいね。

 

最初は誰でも不安です。でもね、そのうち慣れるんです、本当。

そして、年を重ねるにつれて、

「あ、また、怒っちゃった・・・」ってなっていったりしますから(笑)。

 

ファーストステップ無料相談実施中!お問い合わせもお気軽に
PAGETOP
▲ PAGETOP